建築士的視点で考えると、物事は建築を中心に様々なものが繋がっているのかなと感じます。

ある絵を飾るための建築を造るには、その絵を理解しないと造れない。
あの人を幸せにする建築を造るには、その人を理解しないと造れない。

建築に取り組む姿勢には色々な考え方がありますが、
私は「繋がりと広がり」が大切なのだと思って仕事をさせていただいています。